スーパーブルーブラッドムーン

しばらくぶりの更新です。。
今回は皆既月食。日本で観測できるのは約3年ぶりだとか。
ただ今回の場合、スーパームーンブルームーンが重なり、265年だとか、150年に一度だとか、かなり珍しい現象のようです。
仕事就業とともに急いで帰宅して、何とか間に合いました。。


皆既月食スーパーブルーブラッドムーン)

  • 撮影地 自宅の庭
    • 2018/1/31 22:03
    • 機材など SXP赤道儀、BORG 101ED
    • 撮影など バルブ撮影、F6.3、8sec、ISO320
    • 画像処理 ステライメージ Ver.7 レベル調整等



・部分食




食の最大あたりは曇ってしまいちょっと残念な結果となりましたが、月食の雰囲気を感じられ、しばらくぶりにゆっくり空を見られたので良かったです。
部分食、月食と初めて撮影しましたが、難しいですね。

星空観測第37夜〜回転花火銀河(M101)〜

久々に遠征に行ってきました。
機材の使い方もだいぶ忘れていると思います。。


・回転花火銀河(M101)

  • 撮影地 戦場ヶ原・三本松駐車場(栃木県日光市
    • 2016/5/4 21:18
    • 機材など SXP赤道儀、VIXEN R200SS、コマクレクター3、IDAS LPS-P2フィルター、SEO-COOLED X2、VIXEN アドバンスユニット、VIXEN A80SS(ガイド仕様)、WAT-902H2 ULTIMATE
    • 撮影など バルブ撮影、F4.0、500sec×3、ISO1600
    • 画像処理 ステライメージ Ver.7 レベル調整等

今回初めて狙ってみた天体です。
使用したのは反射望遠鏡で800mmですが、中心からずれていました。。微調整が難しいと思いこのまま撮影しました。。下のがトリミングしたものです。
渦が巻いたような外観から呼ばれている、回転花火銀河(M101)は、おおぐま座の尻尾付近、ひしゃく星(北斗七星)柄の先のそばにあります。



今回新しい機材として、天文ソフトの「ステラショット」を購入して試してみました。いろいろな機能が備わっているのですが、しばらくはピント合わせに使おうかと思っています。
このソフトでは、カメラのライブビューをPCに映し出すことができて、それとともに表示されるフォーカスゲージを見ながらピントをけ合わせることができます。これは便利です。。



23時過ぎになると雲が出始め撮影はできなくなりました。1時間待ってみましたが、改善されないと判断して今回は帰ることにしました。
夏にはまた本格的に始めようと思うので少しずつ準備していこうと思ってます。。

星空観測第36夜その3〜オリオン大星雲〜

今日は中秋の名月ですね。
何だか、翌28日の満月が見かけ上、いつもより一回り大きくなる「スーパームーン」となっていて、前夜の空に浮かぶ月も大きく見えるそうですよ。
今回も先日の遠征の続きです。
もう深夜から朝方近くなると冬の星座が見られるようになっていますね。


・オリオン大星雲(M42

  • 撮影地 戦場ヶ原・三本松駐車場(栃木県日光市
    • 2015/9/21 3:08
    • 機材など SXP赤道儀、VIXEN R200SS、コマクレクター3、IDAS LPS-P2フィルター、SEO-COOLED X2、VIXEN アドバンスユニット、VIXEN A80SS(ガイド仕様sあm)、WAT-902H2 ULTIMATE
    • 撮影など バルブ撮影、F4.0、300sec×4、ISO800
    • 画像処理 ステライメージ Ver.7 レベル調整等

オリオン座の三ツ星の中央下方にあります。肉眼でもうっすらと確認できます。もう何度も撮影している天体です。
・オリオン座 オリオン大星雲




明日は時間があれば月でも取ってみたいところです。。

星空観測第36夜その2〜アンドロメダ大星雲〜

前回の続きです。
現地で一番最初に狙った天体です。


アンドロメダ大星雲(M31)

  • 撮影地 戦場ヶ原・三本松駐車場(栃木県日光市
    • 2015/9/20 21:47
    • 機材など SXP赤道儀、VIXEN R200SS、コマクレクター3、IDAS LPS-P2フィルター、SEO-COOLED X2、VIXEN アドバンスユニット、VIXEN A80SS(ガイド仕様)、WAT-902H2 ULTIMATE
    • 撮影など バルブ撮影、F4.0、600sec、ISO800
    • 画像処理 ステライメージ Ver.7 レベル調整等

アンドロメダ大銀河はアンドロメダ座にあります。
日本から見える銀河としては最大のもので、有名な天体です。
アンドロメダ銀河は私たちのいる天の川銀河に近づいていて、40億年後、天の川銀河アンドロメダ銀河は衝突すると言われています。
銀河×アンドロメダ星雲衝突は約40億年後。そのとき地球の空はこんなすごいことになっている(NASA)
アンドロメダ座大銀河(M31)




もう少し更新はできそうです。。

星空観測第36夜その1〜網状星雲〜

シルバーウィーク前半に久しぶりに遠征に行きました。
連休ということもあり、現地では大勢の人が来てました。


・網状星雲の西側(NGC6960)

  • 撮影地 戦場ヶ原・三本松駐車場(栃木県日光市
    • 2015/9/21 0:34
    • 機材など SXP赤道儀、VIXEN R200SS、コマクレクター3、IDAS LPS-P2フィルター、SEO-COOLED X2、VIXEN アドバンスユニット、VIXEN A80SS(ガイド仕様)、WAT-902H2 ULTIMATE
    • 撮影など バルブ撮影、F4.0、600sec×5、ISO800
    • 画像処理 ステライメージ Ver.7 レベル調整等

白鳥座の右翼付近にある網状星雲。まるで天女の羽衣のような綺麗な姿をしていて、とても好きな天体です。
この網状星雲は、西側(NGC6960)と東側(NGC6992)の2種類あります。
白鳥座 網状星雲


・網状星雲の東側(NGC6992)

これは以前撮影したものです。


家に帰って確認してみると、思ったよりピントが甘く、反射望遠鏡のピント合わせは難しいです。屈折望遠鏡にしとけば良かったかな。
画像処理に時間がかかりそうなので、小出しにします。。

ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)

ラヴジョイ彗星来週あたり行きたいですね。月も20時ごろには沈みますので(月齢2.1)観測には好条件です。



ラヴジョイ彗星は、来週は6等級くらいみたい。肉眼ではすでに無理そうですね。


ラヴジョイ彗星は5つあるようで、天文学者ラヴジョイさんが命名したもの。それぞれの彗星の正式名称は、「C/2007 E2」、「C/2007 K5」、「C/2011 W3」、「C/2013 R1」、「C/2014 Q2」。
8000年に1度だけ!肉眼で見れる緑の彗星・ラブジョイが1月7日に最接近


「C/2013 R1」は、以前も撮ったことがあったのですが、また挑戦したいものです。
星空観測第33夜〜ブジョイ彗星(C/2013 R1)〜


とりあえず来週晴れないかな。あと風も強くならなければ良いけど。

星空観測第35夜

土曜日戦場ヶ原に星空撮影を見に行ってきました。
出かけるのは約1年ぶり。機材もしばらく触ってなかったので、


戦場ヶ原も人が多くなっていますね。家族ずれやアベックなどたくさんの人が星を見に来ていました。そこいらじゅうでフラッシュがたかれていてけど、まさか星空を撮ろうと思ってたりしないよね。。


・天の川

  • 撮影地 戦場ヶ原・三本松駐車場(栃木県日光市
    • 2014/11/22 21:14
    • 機材など Canon EOS 5D Mark3、Canon EF14mm f/2.8L
    • 撮影など バルブ撮影、F2.8、30sec、ISO3200
    • 画像処理 Digital Photo Professional

天の川の撮影です。肉眼でもはっきりと見えました。
残念ながらRAWで撮影してませんでした…。
・オリオン大星雲(M42

  • 撮影地 戦場ヶ原・三本松駐車場(栃木県日光市
    • 2014/11/22 21:34
    • 機材など SXP赤道儀、BORG 101ED、EDレデューサーF4DG、IDAS LPS-P2フィルター、SEO-COOLED X2、VIXEN アドバンスユニット、VIXEN A80SS(ガイド仕様)、WAT-902H2 ULTIMATE
    • 撮影など バルブ撮影、F4.1、300sec、ISO800
    • 画像処理 ステライメージ Ver.7 レベル調整等

いつものオリオン大星雲です。


他にもプレヤデス星団やらばら星雲など撮影していたのですが、全て星像が流れてまして。。
極軸が合ってない、機材の重さのバランスも悪かったのでしょう。
次回リベンジします。